電子たばこの重さ

電子たばこは、通常のたばこに比べてたくさんのメリットがありますが、重さという点では、デメリットに上げられます。電子たばこは、精密機器なのでやはり通常のたばこに比べると重く、通常のたばこが1本約1g、1箱でも15g程度なのに比べ、電子たばこは1本の重さが10gを超えるものがほとんどです。指で持ってみると、重さの違いをはっきり感じることができます。

 

最近では、よりたばこに近づけるため軽いものも販売されていますが、10gを切る程度の、通常のたばことほぼ同じ重さです。同じ重さとは言っても、充電器やカートリッジなどを持ち歩く必要もあると、やはり通常のものより、電子たばこは携帯性において通常のたばこより面倒だと感じる人が少なくありません。ただ、電子たばこで10グラム切るというものはとてもめずらしく、電子たばこのほうが気に入っている人には画期的だと思います。

 

電子たばこのメリットもいくつかあげておきます。電子たばこは、カートリッジにニコチンを含むものもありますが、タールなどの有害物質は含まないため、健康的にニコチンを味わうこともできます。電子たばこは通常のたばこを吸うのと同じ感覚で、健康的にたばこを味わえる点が魅力です。また、火などを必要としないので火災を引き起こすことはありません。また、副流煙も発生しないので、自分だけでなく周囲の人にも優しいたばこです。

 

他にも、パッケージで一箱ずつ包装された通常のたばこに比べて、電子たばこにはゴミがでないというメリットもあり、まさに人間にも環境にもやさしいたばこと言えます。