電子たばこのデメリット

電子たばこにもデメリットがあります。電子たばこは、禁煙をしたいという人やたばこ代を安く済ませたいという人から感心が集まっています。実際に電子たばこを吸うようになってから、たばこを辞めることができたという人もたくさんいます。また、自分だけでなく他人にも迷惑をかけないたばこということでとても人気があります。しかし、やはりたばことは違う物であるので、たばこと比べると扱いにくいと言う点もいくつかあります。

 

電子たばこデメリットのひとつは、まずは味がたばこと違うことです。愛煙家にとってはたいていお気に入りのたばこの銘柄があります。銘柄によって、中に含まれるニコチンやタールの量が異なるため、吸った時の味もまったく違うのです。味が好きだからたばこを吸うことが好き、という人には電子たばこでは少し物足りないと感じるかもしれません。

 

二つ目は、電子たばこには充電が必要という点です。メーカーにもよりますが、約2時間程度の充電が必要です。充電をすれば好きなときに使うことができますが、外出先で充電が切れると困ります。すぐには充電もできないときは、不便に感じることもあります。普通のたばこであれば、ライターさえあれば吸いたいときにすぐに吸う事ができるので、そのようなときには電子たばこは面倒だと感じるでしょう。

 

三つ目として、カートリッジを常備することです。長い仕事中や、旅行中ではカートリッジが切れる恐れもあるので、いくつか常備しておかなければなりません。たばこであれば、すぐに店頭で買い求めることができて便利ですが、電子たばこは自分で管理しなければならないので、それが少し面倒かもしれません。