妊娠中の喫煙

妊娠中の女性で、喫煙がやめられない人も少なくありません。禁煙によりストレスをためてしまうなら、電子たばこをおすすめします。電子たばこには、ニコチンを含んでいないものもあるので、赤ちゃんの悪影響もたばこを吸うことに比べたら少なくすみます。

 

妊娠中の喫煙は、母体の血管を細くしてしまいます。その結果、胎児に十分な栄養や酸素が行く届かなくなり、結果として低体重児が生まれる確率が高いのです。非喫煙者に比べると2〜3倍の確率で低体重児が生まれると言われています。

 

低体重児の新生児は、知能の発達に遅れが生じたりしやすいために、たばこによる原因は赤ちゃんのためにも、絶対に避けなければなりません。また、妊娠中の喫煙は、流産や早産を引き起こすとも言われています。1日1箱以上たばこを吸う人の場合、流産する確率は非喫煙者の2倍であり、また早産の確率は非喫煙者の1.5倍と言われています。

 

妊娠中の喫煙は、お腹の赤ちゃんに直接たばこを吸わせるのと同じくらいに悪い影響をもたらすと言われています。妊娠すると、喫煙暦がある女性は、必ずと言っていいほど医師から禁煙を勧められます。しかし、そんなに上手くは行かないことも多いものです。

 

禁煙によるストレスをためると、赤ちゃんに悪影響を与えるようなことも生じてくるかもしれません。ストレスをためるのは妊婦にとっては良くないことなので、たばこを吸っている気分を味わうためというのならば、電子たばこで代用するもの良い方法と言えます。ただ、電子たばこのメーカーや商品によっては、妊婦は使用できない物もありますので、よく注意しましょう。